タイトルをクリックすると別窓で開きます。

 スマートフォンではレイアウトが崩れるかもしれませんが、そのまま本文に進むか再読み込みすると正常に表示されます。

水精の楽園

 水の精霊王を崇めるユリアスベル皇国。皇族でありながら魔力のないセルディリートは武官となるため士官学校へ。なのに卒業後に配属されたのは神殿騎士団で、しかも赴任地は東の辺境、人外の里の隣というアルヴェーズ公国。よくわからないまま神殿に辿り着いたセルディリートを迎えたのは、「お前を手に入れて幸せになる」と宣言した騎士団第一隊隊長クレスラーンと愉快な仲間達だった。


 コメディ的要素をたっぷり入れてファンタジーを書こうとしているのですが、なんだか違う方向に進みそうな気が……


ファンタジー / 長編・連載中
16年4月17日前回更新 / 16年12月26日最終更新

サイトマルクの案内人

 人外の里と呼ばれる荒野を旅する者の護衛と案内を商売とするサイトマルク商会。19歳のユーイは商会の駆け出し案内人だった。今度の依頼は学術都市の学生を首都エトラムまで送ること。この4歳年下のルディーノがいろいろと気に食わないやつで――


 「水精の楽園」「風精の誓約」と同じ世界を舞台にした新シリーズ。年下でしっかり者の学生と年上で口の悪い護衛の、腐れ縁の始まりの物語です。


ファンタジー / シリーズ連作
14年2月11日前回更新 / 15年3月27日最終更新

風精の誓約

 水精神殿騎士団をやめて遺跡調査隊の護衛をしているリグナバール。使役する風精を求めていたところに、人にはありえない力を持つ青年が自分を使ってくれと現れる。青年は自らを実体を持ったシルフだというが――


 「水精の楽園」と同じ世界を舞台にしたファンタジー小説の新シリーズです。


ファンタジー / 長編・完結
12年10月6日前回更新 / 12年12月23日最終更新

海の神の忘れの地

 人外の里と呼ばれるアルヴェーズ公国の東岸の港町ヴァーレン。水精神殿騎士団の聖騎士であるアヴィナークは突然この地への赴任を命じられた。そこで思いがけない再会を果たす。若き神官レイノールとは、かつて――


 「水精の楽園」「風精の誓約」と同じ世界を舞台にした話で、時間的には水精と同時期になります。


ファンタジー / 長編・連載中
12年7月28日前回更新 / 12年11月18日最終更新

イディアメルストの石工師

 流浪の石工師イディアメルストはシルフの導きで幼い少年を拾う。少年はイディアメルストに近しい人ならざるもの、永い時を共にできるものとシルフは言う――


 「水精の楽園」「風精の誓約」と同じ世界を舞台にした「地精」の話になります。


ファンタジー / 中編・完結
12年2月18日前回更新 / 12年5月11日最終更新

Sensitive Colt センシティブ・コルト

 なぜたった一年違うだけでこんな想いを抱かなければいけないのだろう
 夏休みの乗馬クラブで出会った中学生、哲と祐一。互いに友達になれたことを喜んだが、新学期、同じ学校だったことを知る。
「先輩って呼ばれるの、嫌なんだよ」
「上級生を呼び捨てにできないでしょう? 慣れてください」
 たった1歳の違いが、2人の距離を大きく隔てていく――


 何も知らずに出会って互いに友達となれると思ったのに、たった1歳違うだけで「先輩」「後輩」と隔てられてしまう。そこに漂う淡く切ない想いの積み重ねを、乗馬クラブを舞台に描いた物語です。


中学生〜大学生・先輩と後輩 / 長編・完結・全文公開
13年10月12日最終更新

シークレット・メッセンジャー

 ――君に伝えたいことがあった――
 「いつまでもお前のようなガキといられるかよ」 小学生のころ、二歳上の幼馴染み龍平にぶつけられた言葉。会わなくなって数年、大学生となった拓己の前に幼い龍平を模したロボットが現れる――


 人間が作り出した道具としてのロボットのあり方がテーマの物語です。


近未来?・幼馴染み・小学生・大学生 / 中編・全文公開